よろずなブログ?
このブログにある、マジックの動画や、ペン回しの動画、ピアノの音声、動画などはホームページのほうにもだいたいまとめてあります。

2011年10月31日

ISW12HT EVO 3D 買いました




ISW12HTを買いましたー

HTCのEVO 3Dっていうものですねー


スマートフォンを使うのではじめは何からしたらよいかわからなかったのですが、使ってみるうちに慣れてきて非常に便利だなと感じました。

ネットのブラウジングもスマートフォンだと画面が大きくて便利ですね

そしてアプリが豊富で飽きないです。


そしてこのEVO3Dは名前にある通り3D機能がついてます
正直使いませんけどね(´・ω`・)


あともう一つこの端末ではWiMaxが使えるのが特徴です。
WiMaxでテザリングもできるので便利です。

自宅の回線がしょぼいので正直WiMaxでテザリングしたほうが速度出たりしますw


全体的に動作はさくさくでストレスなく動くので満足です

せっかくAndroid端末を買ったのでアプリ開発などもしていきたいなー
タグ:ISW12HT evo Evo3D 3D
posted by みんつ at 22:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

au、2011年秋冬モデル そろそろ換え時?




先日26日にauから2011年秋冬モデルの発表がありましたね。

そろそろ私もスマートフォンに変えたいのでチェックしていました。

発表された端末全部について書くつもりはないので気になった3機種について書きます。


富士通「ARROWS Z ISW11F」
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11f/index.html

OMAP4430&MDM6600というデュアルコアCPUでハイスペックなほぼ全部入りスマートフォン。
Wimaxにも対応

オサイフケータイ、赤外線、ワンセグなどガラケーの機能が入ってるのが特徴です。

そしてディスプレイ解像度が1280*720とかなりの高解像度。
ディスプレイの大きさは4.3インチなので、dpi,ppiでいうと300を越えるので非常にきれいに見えると思います。

しかし、動画を見ましたがブラウジングはかなりカクカクだったり、操作性能についてはちょっと気になります。 まだ試作機の段階でこれからチューニングされるという話ですが。

発売されたらこのスマートフォンに人気が集中しそうな気がします。

HTC 「Evo 3D ISW12HT」
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw12ht/index.html

CPUは1.2GHz駆動のMSM8660デュアルコアCPUを搭載しています。
WiMAXにも対応

EVOシリーズは前々から気になっていましたが、前機種のEVO WiMAXは日本で発売されるのがあまりにも遅かったので購入には至りませんでした。

今回のEVO3Dもハイスペックでかなり満足できそうなスペックです。

HTCのUIのSENCE3.0の評判もかなりいいので非常に期待してます。

そして名前にも入ってるように3Dに対応。 カメラで3D撮影も出来ます。
ディスプレイも4.3インチ3Dディスプレイです。
ディスプレイ解像度は960*540

まぁ私的には正直3Dはいらないのですが...


名前に入ってるくらいなので3D推しの端末なのかもしれませんが3D機能を使用しなくても満足できそうな端末です。

しかし、気になる点として

htc EVO 3D ISW12HT 対応エリア
※ 「htc EVO 3D ISW12HT」は、従来のau携帯電話と対応周波数が異なるため、一部ご利用できないエリアや、一部電波状態が不安定な場合があります。今後順次改善しますので、ご了承ください。エリアの詳細につきましては、上部の対応エリアマップをご確認ください。
なお、WiMAX対応エリアは、下記にてご確認ください。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw12ht/index.htmlより引用

との記述が。
自分の住んでる地域で問題なければいいんですけどね。


Motorola 「PHOTON ISW11M」
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11m/index.html

こちらはチップセットにTegra2を使用してます。
上記に端末と同様デュアルコアCPUです。
WiMAXに対応。

ディスプレイは4.3インチ
解像度はEVO3Dと同様960*540

動画を見た感じはブラウジングもサクサク動き快適な感じ。

またデータフォルダ(ROM)が約16GBと容量が大きいのもいいですね。

テレビにつなげてインターネット利用等ができるWebtopという機能もあるそうです。


Evo3D同様に対応エリアには一部問題がありそうです。
MOTOROLA PHOTON™ ISW11M 対応エリア
※ 「MOTOROLA PHOTON™ ISW11M」は、従来のau携帯電話と対応周波数が異なるため、一部ご利用できないエリアや、一部電波状態が不安定な場合があります。今後順次改善しますので、ご了承ください。エリアの詳細につきましては、上部の対応エリアマップをご確認ください。
なお、WiMAX対応エリアは、下記にてご確認ください。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11m/index.htmlより引用



上記の3つが私の気になった端末です。

今のところ一番欲しいのはEVO3Dですかね。

EVO 3Dがバッテリー容量も一番多く、HTCということもありUIなどチューニングが一番うまく行っている気がします。

ARROWS Z に関しては赤外線などの機能はあったらたしかに便利かもしれませんが、それほど使わないので。
ガラケー機能を頻繁に使う方にとってはいい端末かもしれません。


上記に上げた3端末ともWIMAXに対応で、525円プラスするだけでWiMAX回線を使用できるのはいいですよね。
今回の端末はテザリング機能もあるので、WiMAXのモバイルルータとしても使えそうですよね。
525円プラスするだけでWiMAX回線が使えてテザリングでモバイルルータにもなることなど、このへん全然注目されてない気がするのですが、私的にauの強みだと思ってす。
WiMAXの場合帯域制限もかからないので4G回線についてはほかキャリアよりいい気がします。



posted by みんつ at 07:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。